ネズミ駆除のための流れと方法とは

subpage01

ネズミ駆除の方法の流れとして、はじめにねずみの気配がしたり、目撃した場合、素早いため、追いかけたりして捕まえるということは不可能なので、捕獲機やネズミ駆除業者に頼むなどの方法があります。

駆除業者にお願いすると自分で調査する必要はありませんが、自力で調査する方法として、まずは、ネズミの通り道や餌を食べている場所、フンや齧ったあとなどがないか確認します。


床上に粉を巻いて、足跡の付き方を見て、どこに食害が多いかを調べると、効率的に撒く食材の種類などを豊富にするとあとで便利になります。



調査をした後は捕獲ことになります。
調査の結果、ネズミの食害が多かった場所は餌場となっているため、そこに捕獲器具をしかけることになります。


餌は様々な食材を撒いたうえで好んで食べたものに殺鼠剤を混入させることもお勧めです。粘着シートは、調べ上げた通り道や巣穴からの出入り口付近に何枚も仕掛け、また、シートの反対側から忌避剤をスプレーしたりするとより効率よく捕獲することができます。
今までやっていた調査や捕獲を繰り繰り返し行うことで、よく出る場所やどこから侵入しているのかなどが大体わかってきます。


どこから入ってきているかということを突き止めれば巣の判断もしやすくなります。



ねずみがどこから出入りしているのかが分かれば、出入りしていると思われる穴や隙間などを塞ぐことが必要となります。



ガス管や水道管やエアコンの導入部などお忘れずに塞ぐことが大切です。