ネズミの駆除方法とは

subpage01

ネズミの気配に気が付いたら、駆除業者に依頼する前に、自分で出来るいくつかの方法を試しましょう。



自力で対応できる範囲の被害であれば、効果的にやることで費用を少し抑えることが出来ます。

自力でネズミ駆除が可能であるポイントは、単数匹の活動・生活空間において実際その姿を目撃してはいない・屋根裏に上がることができる家の構造、などがあげられます。自力でネズミの駆除をするには、バネ式罠・カゴ式罠・毒エサタイプ・粘着シートタイプなどの市販商品を利用する方法があります。

バネ式罠は一般的に知名度が高いものであり、バネで挟み込む圧力により捕まえます。

簡単な設置で、何度でも繰り返し使えるアイテムです。

ロケットニュース24に関する耳より情報です。

カゴ式罠は、エサでおびき寄せてカゴに閉じ込めるタイプとなります。

ある程度の設置スペースが必要であり、生け捕りという形になります。


毒エサタイプも、古くからあるネズミ駆除方法の一つです。



近年ではそのまま置いて食べに来るのを待つ形となっており、間違って幼児やペットが食べてしまわないように注意が必要となります。


粘着シートは、通り道に設置することでくっつくのを待つタイプとなります。

安価で、こちらも生け捕りとなりますので、その後の処理が必要です。どのタイプにおいても、ネズミの餌場となっているキッチンの隅などに仕掛けます。


時期は食欲が増す秋から初冬がベストで、複数個所に設置し、たびたび移動せずしばらく置いておくようにします。
根気良く駆除するのがコツです。