ねずみを退治する方法

subpage01

ねずみはペットとして飼えるものもありますが野生のものは害をもたらす危険があります。
特徴は大半が夜行動をすることが多く、日没後から朝方にかけて活動することがほとんどです。



警戒心がとても強く壁際や物陰など人の目につかないところを通り、ねずみから見て人間が害がないとわかれば人前にも現れることがあります。また雑食性の生き物であり、人間が食べるものや虫や石鹸まで幅広く食べ食欲が旺盛です。


ねずみの最大の特徴はその歯です。

前歯は特に強くコンクリートや鉛でできているものなどもかじり切ることができ、家に侵入してきてしまう恐れもあります。


もし家に侵入してきてしまった時には自分で退治できる方法があります。
それは忌避剤をしようすることです。
忌避剤には種類があり一つがスプレータイプです。

これは直接忌避剤をねずみにふりかけ退治していき、侵入してきそうな経路にもスプレーをしていくことで近づかせない効果を発揮します。

二つ目は燻煙タイプです。


煙が届く範囲に忌避剤を撒いていく方法で広い範囲や小さなすき間にも届き退治に効果があります。

@niftyニュースを情報を幅広くご活用下さい。

しかし注意点もあり火災報知機や食品などにかからないように気を付けることが大事です。三つ目は置き型のタイプです。



ねずみが嫌がるニオイを発するので出現しそうな場所や巣があるところに置くことで近づかせることを防ぎます。他にも退治方法はありますがもし自分で退治するのが難しいと感じたら専門の業者もいるので任せてみるの有効な手段です。


基本知識

subpage02

自宅や職場など、どれだけ清潔に保っていても害虫や害獣などの被害はなくならないものです。特にネズミは繁殖しますので、一匹でも住み着くと増え続けていきます。...

NEXT

知識を増やす

subpage03

ネズミの気配に気が付いたら、駆除業者に依頼する前に、自分で出来るいくつかの方法を試しましょう。自力で対応できる範囲の被害であれば、効果的にやることで費用を少し抑えることが出来ます。...

NEXT

暮し入門

subpage04

ネズミ駆除の方法の流れとして、はじめにねずみの気配がしたり、目撃した場合、素早いため、追いかけたりして捕まえるということは不可能なので、捕獲機やネズミ駆除業者に頼むなどの方法があります。駆除業者にお願いすると自分で調査する必要はありませんが、自力で調査する方法として、まずは、ネズミの通り道や餌を食べている場所、フンや齧ったあとなどがないか確認します。...

NEXT

身に付けたい知識

subpage04

ある日ふと天井からカサカサ、カリカリ、トコトコという音が聞こえてきたら、あなたの家にもネズミがいるのかもしれません。そして、どうするか迷って手をこまねいていると、どんどん繁殖し屋根裏で大運動会が開かれることになるかもしれません。...

NEXT